ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーの業界シェアはどうなのか

私達が日々口にしている飲料水も、より健康的な成分の含まれる、身体によい水を選択される時代になりました。
しかしながら毎日の飲料水として以外にも、料理においてや乳児のミルクのための水など、一家で使用する飲料水は、何リットルもの多さとなっているのです。
そしてその大量な水を、スーパーなどから日々購入して来るとなると、それにかかる時間も労力も、使用するたびに発生するペットポトルのゴミの処理でさえも、気が遠くなるほどの手間と時間と料金がかかってくるのです。
そこで登場したのが、ウォーターサーバーなのです。
別名ウォーターディスペンサーとも呼ばれ、大量の水の容量である9リットルか12リットルか20リットルをセットして、5度から10度の冷水用蛇口と80度から90度の熱水用蛇口を備えた冷水熱水器具なのです。
これは水の宅配会社とレンタル契約で設置する方法と、そのウォーターサーバーを買い取り水の宅配を依頼する二種類の方法があります。
そして私達が、たくさんのウォーターサーバー会社から一つに絞り込む時のポイントとしては四つの点を注意が必要だとしています。
それはまず第一にサーバーのタイプを選ぶことです。
サーバーのタイプは大きく二つに分けられており、一つはガロンボトルというがっちりしたお届け回収タイプであり、そしてもう一つは収縮するボトルで回収不要なワンウェイタイプのボトルです。
これは設置スペース等を考慮の上、選択が必要です。
次なる注意点は、機能性と使い勝手を考慮にいれることです。
各社それぞれの機能や使い勝手を備えているので、よく比較検討することが大切です。
さらに第三にお財布に優しいかということです。
例えば水以外の費用である、省エネタイプであるのか、諸費用やレンタル料、水の宅配料やメンテナンス料金などは、思わぬ高額料金となりがちですので、しっかりしたチェックが必要です。
そして最後に水の衛生面は常に保たれているのかという点です。
私達にとって水は、毎日大量に使用する物なのですが、旅行の時や真夏の高温多湿の環境の中で、大切な水が衛生的に安全であることは、欠かせない考慮点でありますので、検討中にチェックは欠かせません。
そして上記ような注意点を考慮の上、いよいよ業界シェアを見ていくと、業界シェアナンバーワンの会社の水は、水の旨味を示す溶存酸素も理想的水準ですし、無菌エアレスパックなので、衛生面に十分考慮されています。
その上サーバーレンタル料が無料なのも、人気の秘密と言えましょう。
また業界シェア第二位の水は、四種類の水の中から好きな水を選べるサービスがあり、また使い切りのワンウェイタイプですので、衛生面も安心です。
またウォーターサーバー料も永久無料となっている点も、人気となっている要因でしょう。
そして最後に業界シェア第三位の水は、大手飲料メーカーがそのブランド品質でお届けする水で、美容健康を増進する天然ミネラル成分がたっぷり含まれた水となっております。
その上清潔で軽量なウォーターパックや、オートクリーン機能も備えられていますので、衛生面も心配いりません。
このように、多くの会社が水事業に取り組んでいますが、各社それぞれの個性があり、それぞれに素晴らしいセールスポイントを持っていますので、これからウォーターサーバーを設置しようと考えている皆さんは、各社の水をよくよく検討した上で、あなたにとって最高のサーバーを設置して下さい。
あなたの豊かな健康ライフは、もうすぐそこです。

Copyright(C) 2010 キレイな水.com All Rights Reserved.