ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーを契約した話

私は、昨年の夏からウォーターサーバーを契約して、現在も活用しております。
なぜ、私が契約するまでに至ったのか、私自身の体験談としてエピソードをご紹介したいと思います。
私は、自他共に認めるドケチです。
毎日の食費代は500円で済ませることを目標とし、毎日近所の激安スーパーで買い物をしては、戦利品を主人に自慢する日々を送っておりました。
水に関しても、ミネラルウォーターを買うこともなく、家庭で使用出来るような浄水器を使用しており、さほど水にこだわりを持っておりませんでした。
そんな私の生活が一変したのが、息子を妊娠してからです。
昨年に、息子を妊娠して出産を経験しました。
アラフォーの妊娠・出産は想像以上に過酷なものでした。
私が妊娠を発覚したのが、昨年の2月でした。
まだまだ冬の寒い時期であった為、妊娠が分かってからはなるべく外出することなく、安静にしておりました。
そんな時に、大活躍してくれたのが、インターネットショッピングです。
全てのベビー用品を買いそろえ、また日常の買い物もネットショッピングで賄っておりました。
もう、激安スーパーに行くこともなくなったのです。
育児に関する雑誌を読んでいたところ、赤ちゃんが産まれてからは、ウォーターサーバーを利用する家庭が多いということが書かれておりました。
確かに、妊娠してからはミネラルウォーターをネットショップで購入する機会が多く出てきたのですが、ペットボトルをその都度潰さなくてはならなくて、非常に面倒なのです。
しかも、水は毎日飲むものですから、非効率的とさえ思うようになりました。
そこで、主人と相談をし、我が家にもウォーターサーバーを導入することを検討しました。
その理由としては、まず赤ちゃんが産まれることにより、赤ちゃんの為により綺麗な水を使用したいからです。
母乳育児をしようと思っておりましたので、私が口にしたものは全て赤ちゃんに行きわたります。
その為、食べるもの飲むものに関しては、厳重に注意をする必要があるのです。
いくら食材に気を付けていても、水が悪ければ赤ちゃんに影響しかねないと考えたのです。
また、そのサーバーからはお湯も出るとのことでしたので、万が一母乳が出ない場合には、そのお湯でミルクが作れるということもメリットでした。
しかも、配達してくれるというのです。
産後は中々思うようには動けないと母から言われておりましたので、全てが私達の家庭にぴったりだったのです。
インターネットでどこの業者がいいか調べて、口コミで評判の良かった所をチョイスしました。
担当の方は、とても感じの良い方で、しかも同じ時期にお子さんが産まれるということで、意気投合してしまいました。
それから約1年半、我が家はウォーターサーバーに頼りっぱなしです。
安全で安心した水が飲めるだけでなく、とても美味しいのです。
これまで水には特に興味を抱いていなかったのですが、とても美味しくて朝一杯飲むと、一日が元気になれるのです。
そんな元気をもたらしてくれるのが、ウォーターサーバーです。
息子が大きくなっても、ずっと活躍してくれることでしょう。
兎に角、このサーバーのお陰で、私達の飲み物に対する価値観が変わってきました。

Copyright(C) 2010 キレイな水.com All Rights Reserved.