ウォーターサーバーイメージ

契約では解約手数料が発生することもあるので契約期間の確認が大切

安心なお水をいつでも飲むことができるウォーターサーバーを契約するととても便利です。
しかし、一個のボトルも大きいし、なくなった場合に次のボトルを用意しておかないとすぐに使うことができません。
そのため、ウオーターサーバーを契約する場合には、サーバーを置く場所を考えるだけではなくボトルのストックを置いておく場所も必要になります。
我が家では、ウォーターサーバーを契約する前までは、水はペットボトルを買い置きしていました。
そして、買い置きしたペットボトルを置いておいた場所に、ウォーターサーバーのお水を置こうと考えましたが、実際ボトルを置いてみるとかなり大きくて場所をとることが分かりました。
そのため、他のものが増えてしまうと置き場所に困るということもでてきます。
また、夏は冷たいお水を飲んだりたくさんするけれども、冬はあまり使わないなどというようなことも多いです。
我が家の場合も、氷を頻繁に作ったり、そうめんなどを食べる場合に冷たいお水をたくさん夏には使います。
しかし、冬はあまり使いません。
そのような場合、夏の間はウォーターサーバーを契約していると、頻繁にお水を買いに行かなくてとても便利ですが、冬はあまり使わないので買いに行っても苦にならにということもあります。
そのため、夏だけレンタル契約したいと思っても、最低の契約期間が決まっている会社が多いので注意が必要です。
レンタル契約する場合には、長期のレンタルが一般的なためにサーバーのレンタル料が無料になっている場合が多いです。
そのため、短期間での契約では解約手数料を支払わなくてはいけなくて、そのままレンタルと続けたほうがお得な場合もあります。
レンタルするサーバーの会社によって、レンタルを契約してから解約できるまでの最低の契約期間が決まっています。
この決められている最低の契約期間以内に解約をした場合には、違約金が発生して、違約金を支払わなくてはならなくなります。
そのため、おすすめなのは一週間とか二週間の無料のお試し期間などを利用することです。
我が家の場合には、無料のお試し期間ではレンタルするサーバーのほかにボトルが3本ついてきました。
そのため、この期間に実際に家に置いてみて、お湯や水の使い心地やストックの置き場所などを確認することです。
しかし、このような無料のお試し期間などがないサーバーの会社もあります。
そのような場合には、短期間の契約でも違約金の少ないサーバーの会社を選んで契約することがおすすめです。
サーバーの会社によって、解約手数料や解約手数料が発生するまでの契約の期間などは違いますが、契約期間が短いもので半年長いもの三年以内に解約すると解約手数料が発生するようになっています。
平均すると一年がくらいです。
解約手数料は、5000円くらいが多いです。
契約する場合には、水の種類や月々のレンタル料金など調べます。
このときに、解約についても調べておくことが安心です。
長く契約するつもりでいても、実際に使ってみたらあまり使わなくて解約することになる場合もあります。
そのため、解約はいつからできるのかとか解約手数料が発生するのか確認しておくことがおすすめです。

Copyright(C) 2010 キレイな水.com All Rights Reserved.