ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーの利用にかかる経費

近年はかなり良くなりましたが、震災直後などは放射能の心配が多くなって水道水を飲むのがはばかられ、ウォーターサーバー等で安全でおいしい水を飲もうとする動きが多くなっていました。
水道水で飲む分もサーバーで飲む分もそれほどそのお金は変わらないので、より安全に飲める方を選んでサーバーを利用していく人が多くいました。
そのサーバーの利用には、主に水の料金とサーバー本体の料金、及びフィルター交換やメンテナンスに係る維持費が経費として含まれ総合的に判断して安くておいしく安全に飲めるものが人気が高いです。
私が使用しているウォーターサーバーは水の供給源は水道水なので、その水の料金は全く気にせずに使用しています。
毎月コンスタントにかかるのはサーバーの使用料ですがレンタルなのでほとんどお金はかからず1000円程度で利用できています。
最もお金を使用するのは4カ月に1回ほど交換するフィルターやろ過装置にかかるお金で合計で1万円程はかかります。
高性能なろ過装置なので、紫外線装置やろ過材、水素水を生成するための装置も含まれており他のサーバー会社に比べればかなり安いものです。
ランニングコストも年間まとめればそれほどかからず満足に使用できています。
水道代も飲む分だけなので計算すると約家族4人で2000円程度しかかかっていませんでした。
夏はもう少し消費が増えるのですが、それでも家計に負担を与える程度ではなく十分に余裕を持って利用できる範囲内での話でしかありません。
他のサーバーであれば毎月16000円かかるようなものもあり、かなり高価な水も存在しています。
その分、味が良かったり、おいしさが長続きしたりするものもあるようですが、我が家の身の丈に合っていないのでできるだけ自分たちで安心して使用できるものを選びました。
経費は平均的に5000円程度なので、毎月必要な量をペットボトルで購入するよりはずっと安くおいしく環境にも優しく飲むことができるでしょう。
ペットボトルを何本も消費するよりはサーバー1台で補えた方がずっと良いでしょう。
我が家でサーバーを使用するようになったのもこのペットボトルの消費を減らしていくためでもあり、環境への配慮も欠かせない時代です。
特に水道水を飲んだり、水を使用するような場合にはできるだけ無駄を省いて飲むのが我が家の精神論的な教えでもあるのでウォーターサーバーは最適な道具なのです。
サーバーの維持に係る経費には電気代が含まれる場合もあります。
我が家では電気式のろ過装置があるので電気代が毎月1000円分ほどかかっています。
おもに紫外線ライトの分の値段なのですが、常に使用しているものになるので節約がきかないため注意してチェックしています。
他の場所で節約して毎月安定した出費に抑えられるように家族で工夫しています。
ウォーターサーバーの利用には追加でかかる経費がある分、水道代等では節約できる部分もあるので上手に活用して経費がかからないようにすると良いでしょう。
節水も節電も心がけることができるようになるのでかぞくで協力して無駄な消費を減らすようにすると良いでしょう。
こどもの節約の勉強にもなります。

Copyright(C) 2010 キレイな水.com All Rights Reserved.